2019年 12月 の投稿一覧

ループイフダンのすすめ。僕の確立したループイフダン投資方法を説明します(12/30「資金管理」追加)

僕のFX投資はアイネット証券のループイフダンがメインとなっています。
2016年のアメリカ大統領選挙で大きな利益を得た以降、数回の損切を経験してようやくループイフダンの投資方法が確立してきました。
今後は着実な成果が期待できます。
この投稿では僕のループイフダンの投資方法を説明します。

<資金管理>
僕が考える最も重要な資金管理は出金とポジション管理です。
FXやループイフダンは利益を得るためにやっています。利益を多く得るためにより多くのポジションを取ってしまいます。
最初は少ないポジションでトレードしていたとしても、より利益を得るという目的達成のためにポジションを増やしていきます。そして大きな価格変動を受けたときに破綻してしまうのです。

僕はいつかは口座破綻になると思っています。なので口座破綻が来る前に利益の一部を出金するようにしています。具体的には毎月(月末)に、その月の利益をまとめて、
・25%をアイネット証券の通常口座に退避。確定申告時の納税用としてキープします。
・25%を長期投資用に移動
・50%はそのまま(ループイフダンの資金とする)
としています。
50%を口座から出金することになりますが、いずれ投資額を超えていくことを願っています。

=== 投稿済みの内容 ===

<証券会社>
ループイフダンと同類のサービスは各社から出ていますが、ループイフダンはアイネット証券とひまわり証券だけだと思います。ただ仕組みは簡単なのでMetaTraderのEAで出回っている話も聞いたことがあります。
僕がアイネット証券のサービスを利用しているのは、
・当初はアイネット証券だけだった(と思う)
・スワップが高い(と言われているので何回か調べましたが確かに高かったです)
・変更するのが面倒(ループイフダンは含み損を抱えるので証券会社の変更が難しいです)
が理由です。

一年の計は元旦にあり(2020年) ~株、株、株~

「一年の計は元旦にあり」は計画を早く建てましょうという意味。それならば今日(12/28)から計画を立てることにします。

<株>
株は2つの視点で投資しています。
1つ目は短/中期、高値切り上げている銘柄に投資して、ある程度の利益が出たら売却しています。
2つ目は長期、配当性向が高かったり、株主優待が魅力的な銘柄に投資して、長期間保有します。売却についてはあまり考えないようにします。

短期/中期の株式投資は、
(1)売却(終了)基準を明確にします。これは年が明けたらすぐに取り掛かってブログに掲載します。
(2)2020年の売却益は200,000円です。2019年は50,000円程度だったので4倍を目指します。

長期の株式投資は、
(1)エントリーの基準を明確にします。 これも年が明けたらすぐに取り掛かってブログに掲載します。
(2)2020年の配当益と株主優待の合計を100,000円を目指します。

【FX】豪ドル円が上昇!それでもまだ含み損が20万!!円高に備えて損切するべきか、更なる上昇を待って様子見するか。。。:2019 Week53の投資方針

クリスマス休暇が終わって、来週は年末年始になります。
欧米諸国と比較して日本は休みが長いので、この1週間(12/30~1/3)も要注意です。
早く終わらないですかね~。

ただ円高の耐性は20円程度確保しているので瞬間的な下落には十分耐えれると思っています。ユーロ円売り売買システムの安値掴みは気にしないといけないですが、最近はずいぶんと上昇しているので、 安値掴みほどは下落しないと思っています。
逆に行き過ぎなければ下落して欲しいですね。

いま気になるのは豪ドル円です。
最近の上昇で豪ドル円の含み損は20万円くらいまで減少してきました。
このまま放置しておくべきか、それとも損切決済をしていくべきか、悩んでいます。
一番古いポジションは2018年12月14日に81.615円で購入しています。
あと5円上昇するのでしょうか?

もうしばらく様子を見る(損切しない)というのが今日の結論ですが、RSI(14)が70に達した場合は損切しようと思っています。

豪ドル円 週足

ループイフダンのすすめ。僕の確立したループイフダン投資方法を説明します(12/29追加)

僕のFX投資はアイネット証券のループイフダンがメインとなっています。
2016年のアメリカ大統領選挙で大きな利益を得た以降、数回の損切を経験してようやくループイフダンの投資方法が確立してきました。
今後は着実な成果が期待できます。
この投稿では僕のループイフダンの投資方法を説明します。

<証券会社>
ループイフダンと同類のサービスは各社から出ていますが、ループイフダンはアイネット証券とひまわり証券だけだと思います。ただ仕組みは簡単なのでMetaTraderのEAで出回っている話も聞いたことがあります。
僕がアイネット証券のサービスを利用しているのは、
・当初はアイネット証券だけだった(と思う)
・スワップが高い(と言われているので何回か調べましたが確かに高かったです)
・変更するのが面倒(ループイフダンは含み損を抱えるので証券会社の変更が難しいです)
が理由です。

一年の計は元旦にあり(2020年) ~ループイフダン、自動売買、裁量トレード~

「一年の計は元旦にあり」は計画を早く建てましょうという意味。それならば今日(12/28)から計画を立てることにします。

<ループイフダン>
まずループイフダン。今年は口座400万円という曖昧な目標を立てていましたが、口座資産は400万超え、評価残高は400万未達という結果。でも気分的には達成できませんでした。
2020年は明確に以下を目標とします。
(1) 出資金より評価残高の方が多くなること(出資金<評価残高)
(2) 口座資産500万円、評価残高450万円
(3) 出金 25万円

その為に先週から開始してユーロ円の両建ての投資方法を確立するのと、ユーロドル売りの売買システムを稼働させること。
豪ドル円も最高のタイミングで売却(損切する必要があります)

ループイフダンは2018年は大きな成果を上げたものの、今年は大きな損切を2回ほど行ってトータルとしては成果が低かったですが、投資方法は確立されてきたと思います。
2020年はその投資方法の精度を上げていきます!

<自動売買>
2020年はMetaTraderの自動売買+自作EA作成に挑戦します。
2019年途中から興味惹かれていたのですが、外為ファイネストに口座開設して本をかじっただけで終わってしまいました。
2020年は、
 前半:EAを1つ稼働させる
 後半:EAを複数稼働させ、自作EAを開発させる
に挑戦したいです。利益の確保はまだ考えていないです。

<裁量トレード>
裁量トレードをメインでやることはないですが、最近になって日足のスイングトレードを再開したいと思っています。
2020年も少しトレードすると思いますが、100%のトレードでトレード記録を付けること、1年を通じて少なくていいのでプラスで終わることを目標とします。

一年の計は元旦にあり(2020年) ~ループイフダンの精度を上げる!~

「一年の計は元旦にあり」は計画を早く建てましょうという意味。それならば今日(12/28)から計画を立てることにします。

<ループイフダン>
まずループイフダン。今年は口座400万円という曖昧な目標を立てていましたが、口座資産は400万超え、評価残高は400万未達という結果。でも気分的には達成できませんでした。
2020年は明確に以下を目標とします。
(1) 出資金より評価残高の方が多くなること(出資金<評価残高)
(2) 口座資産500万円、評価残高450万円
(3) 出金 25万円

その為に先週から開始してユーロ円の両建ての投資方法を確立するのと、ユーロドル売りの売買システムを稼働させること。
豪ドル円も最高のタイミングで売却(損切する必要があります)

ループイフダンは2018年は大きな成果を上げたものの、今年は大きな損切を2回ほど行ってトータルとしては成果が低かったですが、投資方法は確立されてきたと思います。
2020年はその投資方法の精度を上げていきます!

投資方法も別途まとめます。

【株】保有株の評価利益は前週より14,210円増えて389,965円に上昇!問題は継続保有か利益確定か。。。(2019/12/28)

現在、僕が保有している株式です。
損益は過去の配当と株式優待と現時点の評価損益を載せています。
今週は合計389,965円に上昇しました。

全体的には評価が下がった感じがするのですが、メニコン(7780)とバルニバービ(3418)が全体を押し上げています。

さていつ売りに出しましょうか。。。短期で利益を刈り取るのか、もっと大きくなるまで待つのか、株は売り時が難しいです。

【FX】僕のところにはサンタクロースは来ませんでしたが、よく見ると1回決済のプレゼントが落ちていました!ループイフダン週次実績(12/23~12/27)

ループイフダン

今週は土曜日深夜には1回だけ決済がありました。
遅めのクリスマスプレゼント3,084円の利益でした。

昨年はこの時期から円高が少しずつ進んでいき、年を超えてからフラッシュクラッシュが発生したのですが、今年も発生するのでしょうか?
一応20円の下落には耐えるポジションの整理はしていますので準備万端です。

それにしても1月のフラッシュクラッシュは本当に怖かったな~。
2,3回と続くと思ったので豪ドル円のロングのポジションは強制的に売ってしまいました(それで今年の収益は厳しい。。。)

<口座状況>
  口座資産:4,381,698円(前週差 + 3,094円)
 評価残高:3,880,331円(前週差 – 3,771円)
 評価損益: -501,367円
 実効レバレッジ: 5.5%
 口座維持率:455.07%
 評価損率:11.44%(評価損益×-1÷口座資産)

<売買システム>
◆USD/JPY 買い
 USD/JPY B25 損切なし 数量:4 最大ポジション:7〔~2019/9/23〕
 USD/JPY B50 損切なし 数量:6 最大ポジション:4〔2019/9/23~11/6〕
 USD/JPY B50 損切なし 数量:7 最大ポジション:4〔2019/11/6~〕
 
 今週損益:なし
 累計損益:123,920円

◆EUR/JPY 売り
 EUR/JPY S40 損切なし 数量:5 最大ポジション:13〔~2019/9/23〕
 EUR/JPY S80 損切なし 数量:9 最大ポジション:6〔2019/9/23~〕
 今週損益:なし
 累計損益:105,175円

◆EUR/JPY 買い
 EUR/JPY B80 損切なし 数量:4 最大ポジション:6〔2019/12/13~〕
 今週損益:3,094円
 累計損益:3,094円

<保有ポジション>
USD/JPY 買: 56
AUD/JPY 買: 80
EUR/JPY 買: 8→4
EUR/JPY 売: 74

2019/12/28

プロフィール:日々多忙な会社員。早朝から遅くまで仕事をしているので自動売買や長期視点でのトレードで収益を上げることを考えています

初めまして、ムラガメ(twitterはこちら)と申します!
多忙な仕事の中でも、日々FX、株式投資と格闘しています。FXはループイフダンを主に今後は長期視点の裁量やMT4の自動売買を目指しています。最近では株式投資も力を入れています。

プロフィールは少しずつ更新していきます。

【資産】長期資産を増やすために考える

2019年8月から仮想通貨を購入した。
それまでの金融資産となると、FXは資産という感じはしないので、株式や投資信託だけであった。資産の安全運用となるとバランスよく色々な種類に投資した方がいいと思い、新しく考えた投資ルールに従って仮想通貨と金を購入した。

投資ルールは以下の通り。
・配分は現金10%、国内株式20%、投資信託40%、仮想通貨20%、金10%
・配分の比率に不足率が高い資産から投資していく
それまでは保有したことがない仮想通貨と金は初めて購入しました。

購入直後から仮想通貨は下落、金はほぼ横ばい(だけど手数料分が損)の状況。
仮想通貨は450,000円が瞬時に314,900円まで棄損してしまう。

安全運用のためにバランスよく投資するのが正しいのだろうか?
今年の8月から運用を開始するのはタイミングが悪かったのだろうか?
仮想通貨は仕方がないとしても次の資産投資で同じことが起こらないか?

いろいろ考えてしまいます。