FX

【FX】2019 Week51の投資方針:ユーロ円B80を稼働。円高リスクを注視する

第50週は2つの大きな動きがありました。
まず、評価残高が前月より34,856円も増加して3,831,673円になったこと。
今年の目標4,000,000円は厳しいですが、それでも過去最高です!
次にユーロ円のB80を稼働させたこと。
B80はマイナススワップなのと、豪ドル円を保有している状況で円高になった場合の影響が大きいことで稼働を躊躇していました。
(両建てになることはあまり気にしていません。複数通貨を組み合わせることと大きく変わらないと思っています)

さて第51週です。
一番の希望は豪ドル円の上昇です。すでに豪ドル円の売買システムは停止していますが、買いのポジションは多数保有しています。米中貿易戦争がひと段落したことで豪ドルの上昇を期待しています。

ドル円 週足

広い目で見ても、ドル円は週足は105円~114円のレンジの中での動きであり、多少は上昇しましたがループイフダンの投資には問題なく、引き続き買いのままです。

ユーロドル 週足

ユーロドルは上昇しましたが押し戻されて上ヒゲが残る陽線となりました。
上昇トレンドが確認できるまでは下落トレンドが続いています。
ユーロドルの売りはスワップ益も付くので魅力的なのですが、すでに下がりきっている感じがするので、新規に売りで入ることはしません。
1.13ドルまで上昇したら考えます。

ユーロ円 週足

『ユーロ円は先週に「121円の壁にチャレンジ」と記載しましたが、まずは一旦後退しています。 121.5円を超えたら買いの売買システム稼働と考えていますが、まだ少し先になりそうです。』
先週に上のコメントを掲載しましたが、一瞬にして121.5円を超えました。
予定通りにユーロ円B80を稼働させました。
これで円高によるリスクが高まりますので要注意です。
(本来であれば豪ドル円を処理してからの方が良かったのですが)

北朝鮮と米国が再び揉め初めたので嫌な感じです。。