◇スイングトレード投資方法(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークに入りましたね。
外出自粛なので家で検証するのに最適です。

前回も書きましたが、スイングトレードの調子がいいです。その理由は以下の2つを意識しているからだと思います。

  1. 感覚でのトレードを止めて、自分のルールに従ったトレードをする
  2. 自分のルールの正当性を正しいか検証する

1.は当たり前だと思っているができなかったこと。2.は検証ツール(ForexTester4)を購入してから当たり前になったことです。

Home Stay。ゆっくり検証を行います。

はじめに

今まではループイフダン中心にFXをしていましたが、年1回程度の相場変動の度に損失を出して、その度に安全度を重視した投資となり、当初考えていた利益率から低下しています。
現在の手法では年利15%に達したら成功と思っています。
(350万円の資本で週1万円の利益)

もちろんループイフダンの年利15%でも上出来ですが、僕はもっと勉強・努力をして年利100%以上を目指したいと考えて、スイングトレードを本格的に再開しました。

私は普通の会社員なので5分足のチャートを見ることはできませんが、4時間足であれば更新タイミングは8:00、12:00、16:00、20:00、24:00、4:00なので、何とか確認できると思っています。

ですので4時間足、日足をベースとしたスイングトレードとなります。

資金管理

FXは資金管理が大切だと言われます。
その通りだと思いますが、そんなに難しいことは考えていません。僕の資金管理は次の2点だけを注意しています。
(1) 1トレードの最大損失を限定的にする
(2) 利益のうち決めた額を出金する

1トレードの最大損失を限定的にする

僕は1回のトレードの最大損失を全資金の5%になるようにしています。
通貨ペアによって損切額を決めています。時期によって変動するようにしていますが、現在の少し荒れた相場であればUSD/JPYでは100pips、1万通貨で10,000円の損失です(実際にそこまで待って損切することは少ないですが)

10,000円の損失ですので資金は200,000円必要となります(最低1万通貨なので、200,000円に満たない場合でも1万通貨でトレードしますが。。。)

2万通貨トレードする場合の資金は400,000円は必要となります。

利益のうち決めた額を出金する

月の利益の50%はFX口座から出金するにしています。
これはきっといつか失敗をして口座資金をすべて失ってしまうことがあると思っているからです。利益を出すたびに、その半分を別のものに投資することでリスク分散ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*